母が喜ぶ古希のお祝い品

今の女性はとても若々しい人が多くなっています。 また何歳だからこういう物を持たなければいけないと言う様な事は無く、自分の好きな物を手にしている人も少なくありません。その為、古稀だからと言ってその年齢を感じさせるような物をあえて贈らなくても大丈夫です。従って、通常の誕生日プレゼントと同じ様な物を送っても良いでしょう。

ただせっかく古稀のお祝いをするのであれば、少しだけそれをイメージした物を贈ると言うのも一つの方法です。 例えば古稀の場合は紫色がイメージカラーとなっています。その色のちゃんちゃんこを贈ると言う事もできますが、例えばエプロンや割烹着等を贈っても良いでしょう。普段使っている物を贈るのも、一つの方法です。

またエプロンや割烹着等を使っていない人には花を贈ると言うのも一つの方法です。紫色の花と言えば様々な物があります。出来ればその人が好きな物を贈る事が出来るとベストですが、それが無理な場合はオーソドックスな物を贈っても良いでしょう。
古希が終われば次は77歳の喜寿のお祝いが待っています。長寿の祝いごとは割と多いので少し前から喜びそうな贈り物のリサーチをしておいたほうが良さそうですね。

例えばガーデニング等をしている人や、生け花をしている人の場合は花の世話をするとなってもそれ程負担にならない場合もありますが、そうではない人の場合は生花を受け取ると花瓶を用意する所から始めなければいけなくなる場合があります。
出来れば世話の楽なフラワーアレンジメントを利用するか、そうではなく最初からプリザーブドフラワーを利用する方が良いでしょう。
ちなみにプリザーブドフラワー自体は様々なデザインの物が有るので、なるべく受け取る側の好きなデザインになっている物を選ぶのもポイントです。

↑ PAGE TOP